黒豆茶で生活習慣病を改善!

黒豆茶というのは、大豆の仲間である黒豆を使用したお茶です。

豆の中でも、大豆というのは健康にあまり詳しくない人でも体に良い栄養素が豊富に含まれています。

黒豆は大豆類の中でも特に体に良い成分が豊富に含まれているというのは知られています。

その栄養価の高さの秘密は、豆の皮にあります。
黒豆の皮にはアントシアニンが豊富に含まれています。

これは黒豆独自の成分になります。

黒豆といえば、お正月の料理黒豆煮としてもよく知られているのですが、近年では黒豆の栄養素を手軽に、そして効率よく摂取できるとして黒豆茶が注目されているのです。

黒豆茶の効果や効能は?

黒豆茶の効果や効能は?

黒豆茶の効果効能ですが、黒豆茶は、健康にも美容にもとても良い効果があります。

まず抗酸化作用です。
黒豆茶にはポリフェノールの一種であるアントシアンが豊富に含まれており、このアントシアニンはブルーベリーにも多く含まれています。

抗酸化作用が非常に高いとして知られています。

紫外線やストレス等によって体内に作られる活性酸素を取り除く働きのことです。

老化、ガン、動脈硬化といったものの原因となっています。

黒豆茶を定期的に飲むことによって、若々しさを維持することができるのです。

また、美肌作りに最適です。
アントシアンには美肌をつくるうえで欠かせないコラーゲンを安定化させる働きがあります。

黒豆茶を飲み続けることで、コラーゲンの生成が促進されてとてもみずみずしい潤いのあるお肌をつくることができます。

視力回復や更年期障害にも効果的

視力回復や更年期障害にも効果的

カテキンジャスミン茶は、眼の疲れを癒やして視力を回復させます。

ブルーベリーを食べることで視力が回復するといわれています。
これはアントシアニンの働きによるものです。

アントシアニンが含まれる黒豆茶にも同じような働きが期待できます。

パソコンやスマートフォンによって疲れた眼を癒やして視力回復に効果的です。

また、更年期障害緩和にも役立ちます。

黒豆茶のおすすめの飲み方は?その2

黒豆茶にはイソフラボンと呼ばれている成分が含まれています。

イソフラボンは大豆に含まれることで有名ですが、このイソフラボンというのは女性ホルモンと同じ働きをしています。

生理痛の緩和にも効果があるといわれています。
ひどい生理痛は辛いものです。

そのようなひどい生理痛が起きる原因というのは女性ホルモンのバランスが乱れてしまうということがあります。

しかし、女性ホルモンと同じ働きをしているイソフラボンが女性ホルモンのバランスを効率よく整えられるのです。

便秘改善にも一定の効果を期待できます。

黒豆茶には食物繊維が豊富に含まれています。

定期的に飲むことで、腸内環境を整えて便秘に悩むこともなくなります。

黒豆茶のおすすめの飲み方は?

黒豆茶のおすすめの飲み方は?

黒豆茶はティーパックとして販売されています。
そのため、麦茶と同じようにとても手軽に楽しむことができます。

1番おすすめなのは、煮出して淹れる、という方法になります。

1リットルくらいのお水を入れて沸騰させ、そこにティーパックを入れて煮出します。

5分前後で十分に成分が抽出されます。

とてもシンプルでとっても簡単ですが、美味しい黒豆茶を作ることができます。

ティーパックは2時間から3時間ほどそのまま入れたままにしていると、味の深みが増加しますのでしばらく放置してみてください。

また、疲れがたまっている時などには、蜂蜜やミルクなどを入れて飲むのがおすすめです。

ベッドタイムに甘みのある黒豆茶を飲むことで、疲れを癒やすことができます。

ただ、あまりにも砂糖や蜂蜜を大量に入れて飲んでしまうと、当然太ってしまいますので、入れすぎには注意してください。

黒豆茶を飲むタイミング

黒豆茶を飲むタイミング

黒豆茶を飲む理想的なタイミングとしては、食後30分以内だといわれています。

このタイミングで飲むことで、ブドウ糖が脂肪に変化するのを予防できます。
黒豆茶に含まれるサポニンが最も効果的に働きます。

ダイエット目的で飲んでいる方は、食後に飲むというのをおすすめします。

また、長時間パソコンなどをみていて、眼が疲れている時にも、黒豆茶を飲むことで、目の疲れを癒やしてくれます。

黒豆茶には副作用はあるの?

黒豆茶には副作用はあるの?

黒豆は大豆の一種で、基本的には副作用などはありません。

しかし、大豆に対してアレルギーのある人は飲むのを控えるようにしてください。
短い時間で過剰摂取してしまうと、お腹がゆるくなってしまうこともあるので注意してください。

また大豆イソフラボンのサプリメントを摂取し、さらに黒豆茶を大量に飲んでいると、過剰摂取になってしまい女性ホルモンのバランスが乱れてしまうこともあります。

黒豆茶を飲んだ時には、イソフラボンのサプリメントは控えるようにしてください。

この黒豆茶にはカフェインが含まれていないので、妊娠中の方はもちろん、授乳中の方でも安心して飲むことができます。

そのため、適量を守って飲むことで、黒豆茶は体にプラスに働きます。

手軽に飲めて、カフェインも含まれていないのでとても魅力的なお茶ですが、過剰摂取にならないように注意してください。

みんなにシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です