ウーロン茶のカフェインは危険?気をつけることは

ウーロン茶を飲みたいけど飲めない!

妊活中の方や妊娠中の方はカフェインが含まれているウーロン茶を飲むことが出来ません。

ウーロン茶に含まれているカフェインはどのくらい危険なのか?

今回はウーロン茶のカフェインについて詳しくご紹介します♪

ウーロン茶のカフェインはどのくらいなの?

ウーロン茶のカフェインはどのくらいなの?

飲料 カフェイン含有量/100ml
烏龍茶 約20mg
緑茶 約20mg
インスタントコーヒー 約55mg
紅茶 約20mg
麦茶 0mg

ウーロン茶はインスタントコーヒーに比べて約1/2のカフェインが含まれています。

ウーロン茶は比較的カフェインが少ない飲料ではありますが、ある程度のカフェインが含まれているので、注意する必要があります。

1日にどのくらいカフェインを摂取しているのか把握しておきましょう!

ウーロン茶のカフェインは危険?

ウーロン茶のカフェインは危険?

ウーロン茶に含まれているカフェインは比較的に少ない量ではありますが、飲みすぎるとあまり良くありません。

飲みすぎることで、起こりうるカラダの影響は利尿作用や錯覚作用にあげられます。

個人差はありますが、子供が必要以上に飲むことはあまりおすすめ出来ません。

ウーロン茶のカフェインは妊婦さんに注意!

ウーロン茶のカフェインは妊婦さんに注意!

ウーロン茶のカフェインは妊婦さんには良くない成分です。

その理由は、お腹の赤ちゃんの発育に悪影響をあたえてしまうからです。

また、妊婦さんが1日に摂取しても大丈夫なカフェイン量は100mgほど

ウーロン茶をゴクゴク飲んでしまうと、すぐに制限値を超えてしまうので、

妊婦さんはウーロン茶の飲み過ぎには注意!

ウーロン茶のカフェインは悪いことだけではない!

ウーロン茶のカフェインは悪いことだけではない!

ウーロン茶に含まれているカフェインは悪いことだらけではありません!

カフェインには皮下脂肪燃焼効果や利尿作用をなどの効果。

また、カフェインを摂取することで集中力が高まり、疲労回復も手助けしてくれます。

中々、仕事や勉強に集中できない方は、ぜひウーロン茶などでカフェインを摂取してみては?

これまで、危険と紹介してきたカフェインですが、実は医薬品にも使われていています。

そのためカフェインが含まれた医薬品を飲むと眠くなったりする効果があります。

副作用では不眠やめまいなどがあげられます。

ウーロン茶のカフェインで気をつけること

ウーロン茶のカフェインで気をつけること

ウーロン茶を飲みたいけど制限があるからと、妊婦さんは飲むのを控えることが多いと思います。

でも、妊娠中はガマンすることが多く、ストレスの原因にもなります。

ウーロン茶を沢山飲みたいときや、カフェインの含まれた飲み物を飲みたくなったらどうしたら良いでしょうか?

そんな時のために低カフェインのウーロン茶を思いつきました。

低カフェインのウーロン茶を作ろう!

低カフェインのウーロン茶を作ろう!
低カフェインのウーロン茶に必要な材料

ウーロン茶葉 5g
水 500ml
氷 500g

①ウーロン茶葉を冷水ポットに入れたら、少しだけ熱湯を入れてすぐにお湯を捨てる

②氷を入れた後に水を注ぐ

③冷蔵庫に2時間置いたら完成

カフェインは温度が高いと抽出しやすくなりますので、氷水を使ってカフェインを抽出しづらくしましょう。

これで簡単に低カフェインのウーロン茶が出来上がり!

カフェインがあまり含まれていないので、渋みがなく、爽やかなさっぱりした甘みのあるウーロン茶に仕上がりますよ♪

低カフェインウーロン茶で健康的に!

低カフェインウーロン茶で健康的に!

ウーロン茶のカフェインの危険性はいかがだったでしょうか?

妊娠中の方や小さいお子様には十分注意が必要です。

しかし、ガマンばかりではストレスの原因になります。

自分にあった低カフェインのウーロン茶を作ることで、妊活中や妊娠中でもウーロン茶の楽しさを感じ事が出来ますよ!

リラックスしたい時などにはぴったり♪

美味しくてオススメなので、ぜひ試してくださいね!

また、人気なウーロン茶をまとめたウーロン茶おすすめランキングをまとめました記事もありますので、ぜひみてください♪

みんなにシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です