ウーロン茶を飲みすぎるとカラダに悪い!?その症状とは

ウーロン茶には、ウーロン茶特有のウーロン茶ポリフェノールがあり、虫歯や美容・健康に良いとされています。

しかし、良かれと思ってウーロン茶を飲み過ぎるとカラダに悪影響が…!!

今回は、ウーロン茶を飲みすぎると、カラダにどんな悪影響が起こるのかをご紹介します♪

ウーロン茶を飲みすぎるとむくみが起こる

ウーロン茶を飲みすぎるとむくみが起こる

ウーロン茶に限らず、水分を大量に飲むと気になるのがカラダのむくみ。

脚や顔がむくんでしまったら女性は、出かけるのが嫌になるくらい嫌ですよね!

ウーロン茶もカラダに良いと思って飲みすぎると、カラダがむくんでしまうので注意しましょうね!

ウーロン茶を飲みすぎると寝不足を引き起こす

ウーロン茶を飲みすぎると寝不足を引き起こす

ウーロン茶のカフェインはそこまで多く含まれていません。

しかし、飲み過ぎてしまうとカフェインを摂取する量が増えて、目不足を引き起こしてしまいます。

徹夜をする時などには、良きお供になりますが、睡眠時間が必要な時や、寝不足のときにはウーロン茶を飲みすぎると良くありません。

ウーロン茶を飲みすぎると胃痛を起こす

ウーロン茶を飲みすぎると胃痛を起こす

ウーロン茶に含まれているウーロン茶ポリフェノールは、脂肪の分解や口に入れた食べ物の脂肪の吸収を抑えてくれます。

しかし、ウーロン茶を飲みすぎると、ウーロン茶ポリフェノールの効果によって、胃や腸を保護するカラダに必要な油分も一緒にカラダの外へ排出してしまうので胃や腸が痛くなってしまうことがあります。

ウーロン茶を飲みすぎると下痢を起こす

ウーロン茶を飲みすぎると下痢を起こす

ウーロン茶の1日の摂取量を超えてしますと、下痢を引き起こす場合があります。

その原因は、①水分を摂りすぎてしまう②カフェインの過剰摂取

ウーロン茶を飲みすぎると、この2つが原因で下痢を起こしてしまいます。

お腹を壊しやすい人や胃腸の弱い人は、常温でゆっくり飲むことがおすすめ!

ウーロン茶を飲みすぎると鉄分不足に

ウーロン茶を飲みすぎると鉄分不足に
ウーロン茶には、飲みすぎると鉄分の吸収を抑えてしまう効果があります。

そのため、ウーロン茶を飲みすぎると鉄分不足になってしまいます。

鉄分が吸収されないと貧血になってしまう危険があるので、貧血を起こしやすい人や、妊婦さんは注意しましょう!

ウーロン茶を飲みすぎると糖尿病になる

ウーロン茶を飲みすぎると糖尿病になる

ウーロン茶の効果というと、糖尿病の発症リスクを下げる効果があるとして知られていますが、空腹時にウーロン茶を飲みすぎると、血糖値を上昇させてしまい、糖尿病の症状を引き起こしてしまいます。

糖尿病の疾患がある方や、健康診断で注意を受けている方は、空腹の時にウーロン茶を飲むのは控えましょう!

ウーロン茶を飲みすぎると太りやすくなる

ウーロン茶を飲みすぎると太りやすくなる

ウーロン茶を飲みすぎて下痢を引き起こしてしまった場合、カラダに栄養を蓄える働きがあるので、カラダが太りやすくなってしまいます。

人の生命維持の働きで太ってしまうのです。

また、ウーロン茶を飲みすぎて冷え性を起こしてしまった場合、代謝が下がってしまうので、痩せにくいカラダを作ってしまいます。

ダイエット中の人はウーロン茶を飲むタイミングを十分気をつけましょう!

ウーロン茶の飲みすぎてしまわないため

ウーロン茶の飲みすぎてしまわないために

①ウーロン茶の1日の摂取量を守る

ウーロン茶の理想の摂取量は1日にコップ1杯と言われています。
それ以上になると、飲みすぎの原因になってしまうので飲むタイミングを見めて置くと良いですよ!

②空腹のときはウーロン茶を控える

空腹の時にウーロン茶を飲むと、脂肪を分解する成分が胃に負担をかけてしまいます。
胃痛の原因になるので気をつけましょう!

③食事と一緒にウーロン茶を飲む

ウーロン茶を飲む際は油料理や肉料理などの料理と一緒に飲むことがおすすめです!
ウーロン茶の脂肪を分解する効果でカラダに脂肪を付きにくくしてくれます。

ウーロン茶を健康的に飲みましょうね!

また、人気なウーロン茶をまとめたウーロン茶おすすめランキングをまとめました記事もありますので、ぜひみてください♪

みんなにシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です